旧約聖書を読んでいるようなクリスチャンなら楽しめるのかもしれないが、そうでない私には、ただのファンタジーにしか見えず退屈だった。
アダムとイヴとその子供たちのカインとアベルぐらいは知っているものの、この二人の弟にセトがいたことすら知らず知識の無さが映画鑑賞の楽しさを半減させていることを恥じてしまうが仕方がない。
主演の「ラッセル・クロウ」と「ジェニファー・コネリー」そして「レイ・ウィンストン」や「アンソニー・ホプキンス」が出演していなかったら鑑賞したことを後悔していただろう。
ハリー・ポッターシリーズのハーマイオニー役だった「エマ・ワトソン」はすっかり大人の女性になっていたが今年で24歳になるのだから当然かな。
以前に「天地創造(1966)」を観ていて映像の進歩以外は、さほど変わらない作品だと感じたが、流石「ブラック・スワン (2010)」の監督「ダーレン・アロノフスキー」はラストでキッチリとエンタメ作品にしていた。
スペクタル神話劇なので人として真摯に鑑賞するなら楽しめるかもしれません。

今年のアカデミー作品賞は重厚な秀作で、監督の「スティーヴ・マックィーン」は黒人がアカデミー賞監督にはなれないというジンクスを見事に覆してしまった。
若い時にテレビドラマを1週間連続で観た「ROOTS/ルーツ(1977)」のような作品を想像していたが、本作は南北戦争前の19世紀前半に実在した黒人男性ソロモン・ノーサップの伝記ドラマだった。
生まれながらの自由黒人が騙されて拉致された末に奴隷市場に送られ、再び自由になるまでの苦労を描いているが、必ずしも殆どの奴隷が残酷非道な扱いを受けていた訳ではなく、主人に取り入り裕福に暮らしている黒人も描かれているので真実味が増している。
人気上昇中の「マイケル・ファスベンダー」と監督は「SHAME -シェイム- (2011)」に続いてのタッグで熱演している。
主演の「キウェテル・イジョフォー」はあまり知られていない役者だが役者歴17年目の中堅で無難な演技だったし、制作を兼ねた「ブラッド・ピット」は出番は少ないものの美味しい役どころを持っていった感じでした。

人気作家トム・クランシーの12年振りのジャック・ライアンを観に行かずにはいられないので早々と鑑賞してきました。
本作が5作目になるシリーズで「レッド・オクトーバーを追え!(1990)」「パトリオット・ゲーム(1992)」「今そこにある危機(1994)」「トータル・フィアーズ(2002)」以来の続編でしたが本作は「ジャック・ライアン」シリーズのリブート作品です。
「アレック・ボールドウィン」「ハリソン・フォード」「ベン・アフレック」に続き4代目ジャック・ライアンは「クリス・パイン」だが、彼は「スター・トレック(2009)」でもリブートしてるんですよね。
リブート役者の烙印を押されなければ良いのですが・・・
「マン・オブ・スティール (2013)」に続き「ケヴィン・コスナー」が助演で頑張っていますし、「ケネス・ブラナー」は監督と掛け持ちで出演しており最後まで楽しむことが出来ました。
私は鑑賞後にシリーズを最初から見直してしまいましたが、1作目が一番好きかな?

F1レースの世界で激しく競い合い性格の対照的な伝説的レーサー「ジェームズ・ハント」と「ニキ・ラウダ」の伝記ドラマを「ダ・ヴィンチ・コード(2006)」の「ロン・ハワード」監督が素晴らしい映像美で魅せてくれた。
特に1976年の第10戦ドイツGPから最終戦の日本GPまでは画面に釘付けです!
昨年はこの最終戦の富士スピードウェイでレースをしたこともあり自然と気分は高揚してしまいました。
人生において何を喜びとし、何をリスクとするかは人によって違いますが、この2人ほど「生」対しリスキーな生き方はしていない私でも、F1レーサーが普通の人達と神経回路が明らかに違うのだという事は明確に伝わりました。
最近は技術の向上やレギュレーションの変更等で安全性が重視されていますが、それでも「アイルトン・セナ」のように決してレース事故は無くなることはありませんし、一昔前までは20%の死亡確率だったなんて事は本作で初めて知りました。
心に残るシーンは、ニキ・ラウダが新婚後に「幸せが怖い」と奥さんに打ち明けるくだりで、一流レーサーが常に死を覚悟してる気持ちを上手く表現しています。
とにかく70年代にタイムスリップしたような感覚にさえ陥ってしまうほど夢中で鑑賞出来ますので、必ず・・・いや絶対に劇場で鑑賞すべき作品です!!!

何の前情報もなく鑑賞した作品で監督が「ジュゼッペ・トルナトーレ」なので「ニュー・シネマ・パラダイス(1989)」のようなドラマを想像してたのですが、内容は全く違ったものでした。

主演の「ジェフリー・ラッシュ」は「英国王のスピーチ(2010)」の時のイメージが強く残っていましたが、本作では恋愛シーンもあり心情豊かな演技は流石です。

本作には伏線が満載なので画面に釘付けで見応えのある極上のミステリーを是非劇場でお楽しみください。

出演者が「サンドラ・ブロック」「ジョージ・クルーニー」の2人だけなのにもかかわらず、最後まで眼を離せないハラハラドキドキのSFサバイバルです。

ヘルメット越しのカメラワークがリアルに宇宙空間の無重力地帯を演出しており高額なお金を払わなくても、少しは宇宙遊泳したような気分にさせてくれますが、実際には絶対に行きたくはないです!

内容は91分の短尺で飽きることはありませんが、映像が素晴らしいので3Dの劇場鑑賞が良いと思います。

「マット・デイモン」「ジョディ・フォスター」の2大スターが共演の近未来SF。

監督の「ニール・ブロムカンプ」は「第9地区(2009)」に続き本作が2作目となる。

しかし「富裕層vs貧民層」の設定というのは最近よく観てるような気が・・・

似たような設定で最近のSF「オブリビオン(2013)」「アフター・アース(2013)」と比べると本作が1番楽しめた。

死霊館(2013)

In: ホラー

28 10月 2013

最近のホラー映画の中では間違いなく怖さBEST5の中の1作品になります。

「ソウ(2004)」の「ジェームズ・ワン」監督が、実在する著名な超常現象研究家エド&ロレーヌ・ウォーレン夫妻が1971年に体験した衝撃の事件を基に描いているので実話として鑑賞するとかなり怖い!

そんな風に観なくても間違いなく2回以上、席から飛び上がるほど驚くシーンがありますが・・・(笑)

鑑賞前にオリジナル「若き勇者たち(1984)」のブルーレイを買ってまで見直した期待作で、期待を裏切ることなく普通に楽しめる作品です。

オリジナル同様に社会的なメッセージはなく笑えるシーン多数ありますが、ラストは変化をつけてあり驚かされます。

しかし北朝鮮がアメリカ占領しようってんだから、そもそも設定に無理が・・・

そういえば先日鑑賞した「エンド・オブ・ホワイトハウス(2013)」も北朝鮮だったから無理ではないのかもね。

シリーズ全作品を観ているので鑑賞したが、シリーズの中では一番つまらなかったかな?

日本人役俳優の日本語のたどたどしさに完全に興醒めしてしまいガッカリ!

過去シリーズの「ファムケ・ヤンセン」が出演していたのは良かっただけに残念でならない。

そもそも快走する新幹線の上で人間と戦って対等なら、もはやミュータントでの意味ないし・・・

「ウルヴァリン」スピンオフ第1弾は誕生秘話だったが、本作の時間軸はシリーズの最終位置になるようだが観たい方はレンタルまで待ってても良いんじゃないかな?

About this blog

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Quisque sed felis. Aliquam sit amet felis. Mauris semper, velit semper laoreet dictum, quam diam dictum urna, nec placerat elit nisl in quam. Etiam augue pede, molestie eget, rhoncus at, convallis ut, eros. Aliquam pharetra.

Photostream

Categories

Archives